昨日の強風のせいか山の稜線もはっきりわかる雲一つない天気です。

いつも見慣れている山々もなぜか新鮮に映ります(笑)。

本日ぶどう畑での作業はとても地味な作業です。「粗皮削り」と呼ばれています。

専用の器具を使いぶどうの樹の皮をむいていきます。

病害虫の発生源を少なくするうえで結構大事な防除法です。

 


こんな感じのぶどうの樹を

この位まで専用の器具を使い削っていきます。

風が吹くと削ったときに出ててくる細かいぶどうの皮が目に入ってくるのでメガネは必須です(笑)。

地味な作業ですが、うちのぶどう作りにおいて、安定して生産する上では重要な作業なのです。