ぶどうの房つくりから摘粒作業そして傘かけまでぶどう農家は5月のゴールデンウイーク過ぎから6月下旬まで朝から晩まで

ぶどうの房に手を入れていきます。 この間一房に最低6回は手作業で行います。傘かけまで終わりひと段落です。

摘粒まで終えたシャインマスカット

こちらに一枚目の傘をかけます。風が吹いても房に傷がつかないようろう紙を使用します。

二枚目は遮光や防虫などの効果があり、透湿性、耐水性の機能を備えたデュポン社のタイベックを使用
した傘を使用します。